国 / 地域を選択

アンセルは、効果的なコーポレートガバナンスに取り組んでいます。 適切なガバナンス体制を導入することにより、取締役会と経営陣は、全社に浸透している健全性、透明性、説明責任を重視する企業文化を確立しています。

 

アンセルは、持続可能な方法で当社の事業を成長させる戦略を駆使し、今後も発展を続けます。 持続可能性の問題がますます重視されていることを認識した上で、アンセルの取締役会は自社のリスク委員会の定義をさらに広義にし、企業の社会的責任(CSR)およびリスク委員会という名称に変更しました。

 

当社のガバナンス体制は、当社の長期的な健全性を保証します。また、当社は社員、お客様、投資家の皆様、販売代理店、サプライヤー、規制機関、CSR 格付け会社、支援団体にとって重要な問題を理解し、それらに対応するため、当社の利害関係者との関係を今後も深めていきます。

   アンセルのガバナンス体制 800

アンセル初のキャピタル・マーケット・デー

アンセルは、オーストラリアで自社初となる投資家向けのイベントであるキャピタル・マーケット・デーを開催後、オーストラリア・インベスター・リレーションズ協議会より高く評価されました。 シドニーで開催されたこのイベントには、アンセルの経営幹部社員 13 人が立ち合いました。参加者にとっては、アンセルの事業の基本的な情報や、戦略的方向性、成長計画について理解を深める良い機会となりました。  
詳細を見る

コーポレートガバナンスに関する方針

定款

アンセルの定款には当社に関する規則と指針が定められています。

取締役会および委員会

定款を補強するため、取締役会は、取締役会委員会憲章と共に役割と責任を明確に特定する取締役憲章を導入しています。

ガバナンスに関するその他の方針

上記の文書の他にも、アンセルのコーポレートガバナンスに関する声明とガバナンス体制を支援する以下の方針があります。