国 / 地域を選択

Joelyn Yap
Joelyn Yap 18年09月03日

日常的暴露は管理可能なリスクである

住宅環境、商業環境、産業環境で働くエンジニアリングスタッフや用務員など、清掃専門作業員は、日常的に有害化学物質に暴露しているため、常にけがや疾患のリスクにさらされています。

「化学物質の人体への暴露は、広範に及ぶ健康被害の原因となる可能性があります。 人体に化学物質が侵入する経路として、吸入(呼吸)、吸収(皮膚への接触を通して)、摂取(摂食)、注入の 4 つの経路が考えられます。特に吸入と吸収は、労働環境で最も発生する確率が高いリスクです。

清掃製品は、4 つの大まかなカテゴリーに分類されます。 各カテゴリーには、多様な化合物から作られたさまざまな種類の製品が含まれており、その化合物には、望ましくない健康状態を引き起こす可能性があります。

  • 洗剤:清掃用化学薬品の最も一般的なカテゴリー。 
  • 消毒剤:細菌汚染を軽減する化学薬品。 

  • 殺菌剤:感染の原因となる微生物を破壊もしくは不活性化する化学薬品を含有。 

  • 滅菌剤:殺菌剤と類似しているが、医療現場や手術室など無菌状態が求められる特別なエリアで使用。

健康上のリスクの重大さを考えると、雇用主には、使用される手袋が作業および環境に適切なものであることを保証するだけでなく、使用される清掃製品に含まれる具体的な化学薬品から適切な保護機能を提供することが求められます。

望ましくない結果を効果的に軽減するため、評価では一般的な危険を特定するだけにとどまらず、存在する具体的な化学薬品の危険有害性も特定する必要があります。これにより、より多くの情報を参考に手袋の選定を行うことできます」