国 / 地域を選択

  • Africa en fr
  • South Africa en
  • Middle East en
  • Saudi Arabia en
Leigh Duffy
Leigh Duffy 18年11月07日

手術室における手袋の二重装着

手術中、手術用手袋は手術チームのスタッフだけでなく、、患者の疾病伝播のリスクを軽減するための保護バリアとして使用されます。 残念ながら手術中に手袋に穴が開くことは起こり得ることで、これにより疾患の伝播のリスクと感染の可能性が高まります。 手袋の二重装着時の穿孔率は、一重装着時に比べ、はるかに低いことが研究で明らかになっています。

手術室は、手袋が損傷する確率を高める特性が本来備わっている特異な環境です。 本動画では、手袋損傷率が高いことに付随する手術室における暴露のリスクと、リスクを低減するために推奨される処置について外傷外科手術と執刀医と 2 人の疫学者が考察しています。