国 / 地域を選択

  • Africa en fr
  • Middle East en
  • Saudi Arabia en
  • South Africa en
Leigh Duffy
Leigh Duffy 18年10月30日

多くの環境において、手の保護が重要視されるきっかけとなったフェンタニルのリスク

フェンタニルはモルヒネやヘロインと類似の非常に強力な合成薬ですが、モルヒネやヘロインの 50 ~ 100 倍強い鎮痛作用を持っています。 吸入、摂取、皮膚からの吸収かを問わず、たとえ偶発的な接触だとしても、過剰摂取を引き起こす力を持つフェンタニルおよび同等の薬剤は、鎮痛作用を持つ超短時間作用性の合成オピオイドとして知られている薬物クラスに属しています。 フェンタニルの使用率および依存率の増加は、救急救助隊、警察、用務員、清掃作業員をはじめ多くの人々を、予期せぬ暴露の大きな危険にさらしています。 フェンタニルはわずか 2 ~ 3mg(食塩 5 ~ 7 粒に相当する量)で過剰摂取となる恐れがあります。 必要な個人用防護具の適切なレベルを見極めるためには、発生する可能性のある暴露のレベルとこの極めて強力な合成薬に付随するリスクを特定するため、徹底したリスク評価を導入する必要があります。 フェンタニルのリスク暴露のシナリオに基づき、米国疾病管理予防センター(CDC)、労働安全衛生総合研究所(NIOSH)および関係省庁委員会(IAB)は、呼吸用保護具、顔面保護具、保護めがね、手袋、皮膚保護具を選択する際に指針となる個人用防護具に関するマトリクス表を公開しました。 アンセルは、自社の試験済みソリューションで、フェンタニルのリスクを回避するサポートをいたします。